女性のイライラや肌荒れなどはPMSが原因かも

医者

男性の対応

腰痛

PMSは、女性にだけ現れる症状ですが、男性にとって関係の無い問題という事ではありません。PMSに悩んでいる女性の割合は、なんと約8割もあるそうです。その為、PMSに悩んでいる女性と出会う確率はかなり高いと言えるでしょう。奥さんや恋人など男性も女性の生活に関係する機会は数多く存在します。そんな時に、PMSについて理解してあげることが出来なければ、喧嘩などのトラブルの原因になりますし、最悪の場合上手く付き合うことが出来なくなってしまうことがあります。そのような状況に陥らない為には女性がPMSで苦しんでいる時に男性がどう関わっていくかは大変難しい問題になると思いますが、まずは、男性もPMSについて理解する事が大切です。そう考えると、PMSは男性にとって関係のない症状だとは言えないのです。

女性が急に怒りだしたり、怒りだすと止まらなくなったりというのは、PMSで見られる症状に含まれます。そんな女性を見た時に、男性は戸惑いを隠せませんし原因を見つけることが出来ません。しかし、何度か経験していくとどの時期にイライラしているのかがわかるようになると思います。それが月経前に限定しているのであれば、PMSの可能性が非常に高いのですので、一度決まった時期にイライラし始めていないか確認して見ましょう。また、可能であれば女性の月経がいつ来るのかということを知っておくと良いでしょう。もし、いつ月経が来ているのか分からない場合は、精神が不安定になると同時に体調も悪くなっていないか注意してみてください。両方同時に現れているようでしたら、PMSかもしれません。

PMSになる原因は、ホルモンが関係しているのではないかと言われていますが、実のところハッキリとした原因は特定されていません。その為、PMSの原因を消し去るという事が出来ませんので、女性と男性が2人でPMSに対してどう向き合っていくかという事を考えてみましょう。女性から見ると男性にこの悩みは理解することが出来ない、と思うこともあるかもしれませんが、男性が理解しようとする姿勢を見せている時には一度2人で話し合ってみましょう。何故なら、男女ともにPMSを理解することで人間関係や家族との生活を円滑に進めていくことが出来るからです。男性と女性が家庭や仕事場で上手く付き合っていくには、PMSついて男女の理解が必要なのです。

女性がPMSに悩んでいると判断した時には、少し距離を取る事も大切です。特に精神的な症状が出ている時に無理に近づいても、相手の神経を逆撫でしてしまう結果になる可能性もありますので、精神的な症状が出ている時には、相手も苦しんでいることを理解して、外からそっと見守るようなスタンスを取ることも大切です。症状が、収まってから改めて優しい言葉を掛けてあげるなどの、心のケアをしてあげるのがおすすめです。そのような行動を取ることで、女性側も男性を必要だと感じることがあるかもしれません。