女性のイライラや肌荒れなどはPMSが原因かも

医者

様々な原因

悩み

PMSが起こる理由は様々で、PMSがもたらす症状も人によって違います。人によっては長期に渡って付き合っていかなくてはならないPMS。原因を知ることで症状を少しでも軽くすることが出来るかもしれません。

症状の緩和

女性

月経前のPMSは、そのときの体調などによっては毎月のように発症してしまうこともあります。症状を和らげるための具体的な方法を知って実行していくことで、その期間を少しでも快適に過ごせるようにしましょう。

男性の対応

腰痛

PMSは、女性特有の症状ですが、男性には全く無関係という訳ではありません。結婚すれば奥さんがPMSに悩まされるかもしれません。結婚しなくても彼女が悩まされる事もありますので、男性もPMSついて理解しておくことが大切です。

女性特有の症状

PMSとは

腰痛

最近では職場などでも男女の雇用均等化が進み、社会進出して働く女性に対する理解も広まってきています。しかし、女性特有の悩みであるPMSについて知っている、または理解があるという職場は少ないのではないでしょうか。まずPMSとはPremenstrualSyngromeの略で、月経前症候群です。女性に理解のある職場では生理休暇などが取り入れられているところもありますが、PMSに関しては、女性でも知らなかったという方が多くいらっしゃいます。症状としては主にイライラ、情緒不安定、憂鬱になるなどの精神的症状と、体重増加、肌荒れ、むくみや疲れ、身体のだるさなどの身体的症状の大きく2つに別れます。しかし、PMSの症状はここに描き上げた以外にもさまざまな症状があり、個人差が大きいことも特徴の一つです。主に月経の周期に合わせて定期的にやってくる心身の不調であれば、PMSを疑ってみることをおすすめいたします。

PMS以外の疾患

PMSに疑いを持ったら、自分の月経周期としっかり照らしあわせて、月経の前に連動して症状が現れているのか確認してみましょう。中にはPMSと似た症状で異なる疾患である場合もあるからです。ここでは間違えやすい他の症状を紹介します。もっとも間違えられやすいのは、月経困難症と月経前不快気分障害です。月経困難症は、動けなくなるほど月経中にお腹が痛くなったり、下痢や吐き気などが強く、日常生活に支障をきたしてしまうほどの不快感や痛みを感じる症状です。月経前不快気分障害は、実際にはPMSの症状の範疇に考えられていますが、症状が非常に重いため、発症すると日常生活が全く送れなくなるほどの深刻な症状を指して区別されています。精神的な症状が重く、磁性が困難なため、専門医による治療が必要だとされています。国内では1.2%の女性が月経前不快気分障害であると診断されています。これらとはまた別に45歳頃から始まる更年期障害もPMSと似た症状であるため、混同されやすいと言われています。気分の浮き沈みが激しく情緒不安定になるなど、両者とも非常に似た症状が表れるため、間違える方が多いので注意が必要です。更年期障害の女性が間違えて市販のPMSの薬を購入して服用していたが治らず、専門医に診察してもらい、更年期障害だったことがやっと分かった、なんていう事例もあります。これらを見分けることは難しいですが、更年期障害の場合は、年齢に注意して40台後半~50台前半の方は、更年期障害の可能性も考えてみることが大切です。そして、全てに共通していますが、月経が始まる前に起こる症状か、また症状の程度をしっかりと見極めることが重要ですが、何よりも専門医による診療がもっとも確実なものであると言えるので、もしご自分でPMSかもしれないという心配な症状があるのであれば、かかりつけの医師に診断してもらうことをおすすめいたします。